予防するための食事法|【病気を根本解決】直腸がんの脅威や特徴を徹底解説!|完治navi
ロゴ

直腸がんを予防する食事の方法・再発しやすい場所を解説!

発症しない為に注意する事が大切

直腸がんは近年発症率の高くなっている病気です。原因はさまざまありますが、その一つに挙げられるのが食生活の変化です。そのため、直腸がんは誰にでも起こりうる病気なんです。また、直腸がんはさまざまな場所に転移するので発症しないように注意しましょう。

直腸がんが再発しやすい場所を徹底解説!

no.1

一番転移の可能性があるのがリンパ節

リンパ節は美容や健康の維持をする上でよく器官です。体内で網目のようにハリ巡っているので、当然直腸にも繋がっています。また、リンパ節は白血球を作る働きがあり免疫力も高いです。しかし、がん細胞が免疫機能に勝ってしまうと内部で増殖してしまいます。そうなると、リンパ節や血管なら全身にがん細胞を送ってしまいます。

no.2

直腸と同じ消化器官である肝臓

血管からがん細胞が流れてしまっっても、多くの場合がほかの臓器の中に侵入する前に死滅してしまうことが少なくありません。ですが、肝臓は直腸と同じ消化系の器官であることから、転移しやすいと言われています。小さい範囲での転移なら手術で切除することが可能ですが、転移の場所が広範囲である場合や小さいものがポツポツとある場合には手術が難しいので、抗がん剤治療を行なうことがほとんどです。

no.3

多くの血液が巡っていく肺

進行していくとがん細胞は血液を媒体に全身に巡っていきます。血液中から肺に侵入したがん細胞は成長してしまうことがあります。そうなると、転移性の肺がんになってしまうのです。

no.4

身体を支えるのに必要な骨

直腸がんが、骨に転移するは可能性としてはとても低いです。ですが、もし転移してしまうと治療は困難なものになってしまいます。がん細胞が骨に転移すると、骨がだんだんと弱っていき骨折などをすることが多くなるのです。また、崩れた骨が周囲にある神経や筋肉を圧迫してしまうと、身体にしびれや麻痺などの症状を引き起こしてしまいます。

no.5

可能性は低いが転移すると危険なのが脳

直腸がんが脳に転移することは比較的まれなケースですが、可能性がぞれであるという訳ではありません。脳にがん細胞が転移した場合には、転移部分によって症状が異なってきます。また、脳にがん細胞が転移した場合には抗がん剤治療では効果が現れないため、放射線治療を行ないます。

予防するための食事法

レディ

食生活をあらためて

直腸がんを予防する為に大切となってくるのが、食生活となります。腸の環境を良い状態で維持していく必要がありますから、バランスよく栄養を摂ることを心がける必要があるのです。きちんと食事で栄養を摂取するためには、3食きちんと食べるという事が重要となってきます。3食きちんと食べる事が基本とはなりますが、適度な量を摂ることが必要となってくるでしょう。3食をきちんと摂ることによって、一日で摂取できる栄養を多くすることが可能となるのです。

肉を摂りすぎないよう

肉類を多く摂りすぎることによって、直腸がんのリスクを高くしてしまう事があります。特に牛や豚といった赤身の肉を過剰に摂りすぎないように心がけることが重要となってきます。さらに加工された肉を摂ることで直腸がんの危険性を高めてしまう事があるでしょう。そのため直腸がんを予防する為には、加工された肉製品をなるべく摂らないことが大切となってくるのです。肉類を摂りすぎないようにするためには、肉を魚に置き替えるといった工夫を行うことがおススメとなります。動物性たんぱく質をなるべく摂らないように意識することが必要となってくるのです。

腸内環境を整える食事を

直腸がんを防止するためには、腸内の環境を整えていく事が大切となってきます。そのために食事で心がけたいのが、食物繊維を多く摂るという事です。食物繊維は便秘を改善させるような効果が期待できますし、善玉菌の作用を促進させるため、腸内の状態を改善させていく事が可能となっているのです。食物繊維は野菜、豆、海藻などに多く含まれているでしょう。それぞれによってその効果が変化してくるものですから、数種類の食物繊維を摂ることが望ましいと言えます。
そして腸内の状態を整える食事としておススメとなるのが、和食を中心に摂るという事となります。和食のメニューには脂肪があまりなく、大豆といった食物繊維が多く含まれる食材を多く使用する事が多いためです。納豆や醤油といった食品は腸内の環境を整えてくれる効果も期待することが出来ますから、積極的に和食を取り入れてみてはいかがでしょうか。ただ、和食は塩分を摂りすぎてしまう事もありますから、塩分を控えめにする事を意識されると良いでしょう。

広告募集中